転職市場の動向と給与調査 2021年【サラリーレポート】

arrow_up
 
2020年下期での日本の転職市場の給料を当社の取り扱い案件を中心にサーベイし、2021年の平均年収のレポートを作成致しました。転職市場の動向、トレンドもリサーチしてまとめております。
当社では若手層からハイクラス、外資系案件の求人を取り扱っており、一般的な給与の情報と合わせて、ハイクラスの給与レンジの情報も提供させて頂きます。
 
(このwebページは一部抜粋版になります。全内容はpdfでご確認ください。)

Overview >> 人材市場

 

日本については、新型コロナウィルスの影響は大きいものの、最初に感染の広まった中国や、欧米などと比べると影響は小さくなっています。しかし、経済的にはアメリカ、中国の影響は無視できず、中国の急速な経済の回復へのポジティブな期待と、北半球の冬に向けた感染悪化の懸念があり、先行きの不透明感は残る状況です。

人材市場については、コロナ禍により有効求人倍率が下がって来ており、特に業種などにより求人数に差が出始めている状況です。
当社では、企業を対象としたコロナ禍の影響調査を別途実施しており、その中では、コロナ禍でも優秀な人材に対する企業のニーズは高いという結果でした。

2021年に向けては、新型コロナウィルスの状況と経済の回復のスピードに合わせて、求人の状況が増減する見通しです。

horm_work_w_cat

業界別の給与モデル - Salary Snapshot ※代表一部抜粋

 

industry1-3

 

 

 

職種別の給与モデル - Salary Snapshot ※代表一部抜粋  

 

industry1-1

上記コンテンツは抜粋版となり、登録すると全内容のpdfをダウンロード頂けます

>> 転職を検討中の個人の方の、pdfダウンロード&登録は こちら / 直接登録に進む場合は こちら <<

 

 

登録フォーム

(企業の採用担当の方向け)

©randstad

hw3