【コラム】全社員がブレずに成長する仕組み「V2MOM」とは?

  • 会社・組織
  • ビジネススキル
記事をシェアする
Facebook Twitter LINE

企業が成長を続けていくためには、全社員の意思統一が欠かせません。掲げられた高い目標を達成し驚異的な成長を遂げるグローバル企業は、どんな取り組みを行なっているのでしょうか?

世界No.1のシェアを誇るCRMシステムを提供しているセールスフォース・ドットコム 。同社は革新的かつ世界有数の成長企業として知られています。今回はセールスフォース・ドットコム開発し、活用する「V2MOM」という仕組みをご紹介します。

パフォーマンスとエンゲージメントを向上させる意思統一の力

企業が成長を続けていくためには、全社員がビジョンを共有してベストを尽くし、目標に向かって邁進していく必要があります。しかし企業規模の大小にかかわらず、全社員が共通の目標のために協力しながら足並みを揃えて進んでいくのは容易なことではありません。

社員の間で意思が統一され、各自が業務に集中しているとき、会社の業績にプラスの影響があると言われています。しかしある調査によると、「会社のビジネス戦略」および「会社の目標達成のために自身に期待されていること」を完全に把握している社員は、全体のたった7%にすぎないそうです。

セールスフォース・ドットコムでは、各自が会社の目標達成における自身の役割を認識できるようにV2MOMのフレームワークを活用しています。それにより社員と組織のエンゲージメントが向上し、全社員が意思を統一して積極的に業務に取り組むことで急成長を遂げているのです。

会社のV2MOM、チームのV2MOM、個人のV2MOM

V2MOMはビジョンと目標を明確化する仕組み

セールスフォース・ドットコム創業者であるMarc Benioffが構築したV2MOM。それは、次の5つの言葉の頭文字を組み合わせたものです。

  • Vision = ビジョン(行いたいことや達成したいことを定義)
  • Values = 価値(ビジョンの追求を支える原則や信念)
  • Methods = メソッド(業務の完遂に必要な行動や手順)
  • Obstacles = 障害(ビジョン達成のために克服しなければならない課題や問題、難点)
  • Measures = 基準 (求める成果の測定可能な指標)

この5つの要素を組み合わせることで、社員が自らの進路を示す詳しい地図と目的地への羅針盤を得ることができるというシンプルな仕組みになっています。

フィードバックを繰り返すプロセス

セールスフォース・ドットコムでは、まず上層部が会社のV2MOMを作成します。他者からのフィードバックを取り入れてそれが確定したら、部門→チーム→個人と伝達され、それぞれのV2MOMを作成していきます。

V2MOMはオープンにされているため、他の社員のV2MOMも閲覧することも可能。社内の誰もが意見できるので、トップダウンでありながらフィードバックが繰り返されていき、そのコラボレーションの結果として組織全体の賛同や意思統一、結束がもたらされる仕組みなのです。そして何より最大のメリットは、全社員が会社のV2MOMに沿った各自のV2MOMを作成できることです。

この作業を通じ、セールスフォース・ドットコムのその年の優先順位と各自の役割、目標、そして自身が会社の成功にどう貢献するのかを全社員が明確に理解していきます。これこそが企業の意思統一であり、セールスフォース・ドットコムの強い組織力の礎なのでしょう。

ポイントは具体的・定量的かつ達成可能な基準で作成し共有すること

それでは、V2MOMはどのように作成されているのでしょう?
作成時に考慮すべきポイントを順にご紹介します。

Vision = ビジョン

自分にとって最も意味があることに焦点を絞り、達成したいことを表します。

  • 今年、達成したいこと(1~3文にまとめる)
  • それは、会社・社員・顧客・コミュニティにどんな影響を与えるか
  • どうすれば、ビジョンが刺激的で楽しくクリエイティブになるか(ビジョンには自分自身を反映するべき)

Values = 価値

ビジョンを追及する上で最も重要な原則や信念。判断や妥協点の指針となります。

  • ビジョンを追及する上で重要な3つの価値はなにか
  • それら3つの価値を実践する意味を誰にでもわかるようにする
  • それら3つの価値は日々の判断や妥協点の指針にどう影響するか

Methods = メソッド

ビジョンを達成するために必要とする具体的なアクション。

  • 会社や上司のV2MOMと連携させる
  • 優先順位が高いものから並べる
  • シンプルでやる気が起きる書き方をする

Obstacles = 障害

ビジョンの達成を妨げるものをあらかじめ特定し、克服する方法を検討します。

  • ビジョンの達成・アクションの実行を困難にするのは何か
  • 障害を克服するために注意を要するのは何か
  • 障害を克服するために具体的に何ができるか

Measures = 基準

成功または正常に完了したことを自分や他人に示すための基準です。

  • 具体的かつ達成可能な範囲で期間を設定する
  • 定量的で測定可能な成果に重点を置く
  • 会社や上司のV2MOMの基準に沿わせる

V2MOM作成のポイント

コピー&ペーストをせずに自分の言葉で書くこと、言葉を賢く選択し焦点を絞って簡潔に記述すること。そして価値・メソッド・基準を優先度順に並べ、重要度がわかるようにします。V2MOMを意思決定の指針として使用する場合、優先順位が重要となるためです。

これらのプロセスを経ることで、全社員が会社のビジョンと目標に沿った、自分自身のビジョンと目標を持つことになるのです。

まとめ

意思の統一でブレずに業務に集中できる

全社員がブレずに業務に集中し、足並みを揃えて目標に向かい邁進するためには、会社と自身のビジョンと責務、優先度を明確にすることが必要です。セールスフォース・ドットコムではV2MOMによりそれを具現化し、会社の業績を押し上げる見えない力としているのです。

V2MOMは一度設定したら終わりではありません。次回のコラムでは、セールスフォース・ドットコムが具体的にどのようにV2MOMを活用しているかをご紹介します。

関連コラム