将来に対応した人員体制、整っていますか?

  • ビジネススキル
  • 企業が雇用する能力
  • 人材の定着・管理
記事をシェアする
Facebook Twitter LINE

テクノロジーの進化が激しく、ビジネスプロセスのデジタル化が着実に進み、従業員の要望が変化するこの時代、企業には変化のスピードに遅れないための努力が求められます。

躍動的とも混沌とも言えるこの環境において、企業のリーダーは人員計画を最優先課題の一つに据える必要があり、その結果、将来に対応した組織を構築し、今後の課題や機会に備えることができます。 

今後数年、何が起きるとしても、企業とその従業員は変化に備えなければなりません。つまり、労働市場の実状を常に正確に把握するとともに、最新のテクノロジーの動きを注視し、従業員の再教育に取り組む必要があります。

 

将来の働き方に備える

将来が雇用主に何をもたらすのか、どの確率をもってしても予測はできません。ただし、変化が何らかの形で現われることはすべての企業が確信できるでしょう。

変化はさまざまな形態が考えられます。業界内にディスラプターが現われ、従来のやり方を覆すかもしれません。新しいテクノロジーが基幹業務の変革や最適化を可能にするかもしれません。あるいは労働市場の新しい動きによって採用方法の変更を余儀なくされるかもしれません。2020年の新型コロナウイルスのパンデミックによってすべての企業が体験した通り、まったく予測のつかない危機が発生し、セクター全体に影響を与える可能性は確かにあります。

こうした変化に備えるためには、多様で柔軟な人材が必要不可欠です。従業員に目的にかなったテクノロジーサポートとスキルアップの機会を提供し、最新の課題や機会に対する適応能力の強化を支援する必要があります。

PwCが公表した働き方の未来予測「Workforce of the Future 2030では、労働者の74%が今後も雇用され続けるために新しいスキルを学んだり、再教育を受ける心構えができていると答えています。

「機械学習や人工知能(AI)は将来の人員計画の精度を高めるうえで大きな役割を果たしますが、だからといって私たちは将来の働き方がやって来るのをただ傍観して待っているわけにはいきません。予測される将来とその意味を理解し、先を見越して計画を立てた企業や従業員こそが成功に向けて準備万端ということになります」

  • PwC、People and Organization、パートナー兼共同グローバルリーダー、ジョン・ウィリアムズ

将来に備えた人員態勢に整えるための実用的ステップ

では、将来の人員体制を整えるために今すぐできる対策やプロセスとは何でしょうか?

重要ステップの1つは、現在のスキルセットを分析し、今後柔軟性を維持しながら最終的に成功を手にするためにどのような能力が必要になるか検討してください。その結果、人材ギャップが明らかになった場合は、採用によって満たすのか、あるいは既存従業員の再教育を行うのか、その対応策を考え始めることができます。

採用経路を見直すことにした場合は、エンプロイヤーブランドなどの概念に着目し、必要とする人材を惹きつけるだけの魅力があるのか評価する必要があります。専門人材サービス会社と手を組むことによってどのようなメリットが得られるかも価値ある検討ポイントです。

再教育・スキルアップについては、組織と従業員に機能する方法を見つけるために時間や労力を注ぐことにはさまざまなメリットがあります。雇用主が新しいスキルの教育やスキルセットの強化、キャリアアップの支援に前向きであると感じると、従業員の満足度や意欲が高まり、結果的に定着率が高まります。

デロイトの2019年ミレニアル世代調査では、今後2年内の退職を考えているミレニアル世代に共通する理由がいくつか明らかになりました。

  • 昇進の機会があまりない(35%)
  • 学びや能力開発の見込みがあまりない(28%)
  • 正当に評価されていないと感じる(23%)
  • ワークライフバランスを保てない/柔軟な働き方ができない(22%)
  • 退屈/挑戦できない(21%)

これ以外の調査結果からも、現在の職に止まる意思と、財務実績、コミュニティへの影響、人材育成、ダイバーシティ・インクルージョンに関する雇用主の積極的な姿勢とに強い相関が示されています

ボストン コンサルティング グループは、世界中の雇用主が「スキルアップに関する大きな課題」と、「全体的人手不足とスキルミスマッチによる人材危機」が起きる可能性に直面していると指摘し、よってこうした課題に対処し、将来に対応した人員体制を整えるための6つのステップを提言しています。

  1. 戦略的人員計画を立てる
  2. 狙いを絞ったスキルアッププログラムを導入する
  3. 学習契約の仕組みを取り入れる
  4. 最新の学習用テクノロジーを導入する
  5. 継続的学習の文化を醸成する
  6. スキルアップをより広範な社会に広げる

将来の試練や機会に備えるために社内人材を有効活用する新しい方法を見つけたいなら、ランスタッド組織開発サービスをはじめとする専門パートナーの手を借りるのが非常に有効な手段です。

 

正しい場所に力を注いでいますか?

人員計画を最適化し、将来に向けて従業員と組織を整えるためには、正しいテーマに力を注ぐ必要があります。

ランスタッドは、エンプロイヤーブランドから柔軟性、多様性に至るまで、将来の働き方への準備状況を評価するために着目すべき6つの重要領域を説明した資料を作成しました。ぜひご覧ください。

関連コラム