absenteeism_management

ランスタッドは常習的な勤怠不良の管理をどのように支援できるのか

  • 会社・組織
  • エンプロイヤーブランド
  • 企業が雇用する能力
  • 人材の定着・管理
  • 外部人材採用・活用
記事をシェアする
Facebook Twitter LINE

職場の勤怠不良(常習欠勤)は、あらゆる企業が管理しなければならない問題です。米国労働省労働統計局によれば、米国内の雇用主は2019年、全体として2.8%の欠勤率を記録しており、一方で欧州全体での欠勤率は平均で3%から6%と推定されています。

雇用主が対処しなければならない勤怠不良(常習欠勤)の水準は、新型コロナウイルス感染症など、異例かつ予見し得ない事象によって影響を受けることもあります。EU諸国での感染拡大によって、疾病または身体障害による欠勤者数は2020年第1四半期の390万人から、第2四半期には440万人に増大しました。

外的環境や影響を与える要素がどのようなものであれ、勤怠不良(常習欠勤)の管理を目的とした計画が必要です。これは、予定外の休暇を取る従業員の数が、納期の遅れや従業員の生産性の低下など、事業に深刻な結果をもたらす水準までエスカレートする場合に特に重要となります。

本コラムでは、しっかりとした対応で信頼できる人材派遣ソリューションから長期的な労働力管理や従業員のケアに至るまで、この問題の管理においてランスタッドがお手伝いできるいくつかの方法を取り上げます。

 

必要な時に人材を手配

何よりもまず、コアビジネスの運営を維持し、クライアントが求める納期の厳守といった重要な目標を達成するために、労働力において適切なキャパシティを確保する必要があります。勤怠不良(常習欠勤)が基礎的なプロセスを混乱させ、顧客に対する成果を危険にさらす場合には、迅速に対応し、生産性の維持に必要な人員とスキルを獲得できなければなりません。

当社は、十分に精査された信頼できる人材ネットワークにすぐにアクセスできるようお手伝いします。あなたがすでにキャパシティの低下で苦労しているなら、すぐに労働力の穴埋めのために必要な人材を調達し、評価している時間はないでしょう。

信頼できる、経験豊かな人材企業にこのプロセスを委ねることで、時間の節約に加え、十分なチェックと評価を経た上で推薦された人材を確実に獲得できるようになります。さらに、採用パートナーと強固な関係があれば、柔軟な働き方を望む人や有期雇用者の可能性を最大限に引き出せるという点で安心感が得られます。

当社には、さまざまな業界にわたって企業の採用および人材ニーズを充足してきた60年に及ぶ経験があります。時間をかけて企業とその主な課題、目標および優先事項を理解し、適切な人材を適時に供給できるよう徹底を図ります。

 

労働力の管理とスケジューリング

労働力のキャパシティを短期的に高めたい場合には、多くの場合、迅速でしっかりと対応ができる人材を配置することが極めて重要となりますが、現在の自社の労働力を明確に把握し、彼らを可能な限りベストな形で活用するための計画を立案することも、それと同じくらい重要です。

最優先事項は、重要な役職、すなわち日々の会社の運営に不可欠なポジションを常に埋められるようにしておくことでしょう。そのための一つの方法は、十分な人材を配置できるうちに、優先順位の低い職務を実施できるだけでなく、常習欠勤が多くなった時には、その欠勤者に代わって主要タスクもこなすことができる予備スタッフを常時配置しておくことです。

また、専門的な訓練や、労働力市場ではなかなか見つからないような特殊分野の専門知識を要する役職についての計画を整備しておくことも重要です。

これは、ターゲットを絞った訓練やスキル開発が極めて重要となる部分です。効率的なスタッフスケジューリングは、常習欠勤による人員不足を補う上で有用ですが、従業員が訓練を受け、新たなコンピテンシーを獲得するのに必要な時間と柔軟性も与えてくれます。

ランスタッドのインハウスサービスソリューションは、自社の人材に対する理解の向上と、労働力の管理とスケジューリングの最適化を後押しし、常習欠勤が事業に深刻な影響をもたらすリスクを削減します。これには、計画の立案と訓練を強化し、人材の展開と育成を支援することも含まれます。

 

ランスタッドのケアプログラム

もちろん、給与や手当などの基本的提供物は労働者にとって非常に重要ですが、従業員と最も貴重で強固で恒久的な関係性を構築したいと考える雇用主は、基本的な報酬以上のものを提供する必要があります。

当社による最新のエンプロイヤーブランド・リサーチによれば、2020年の雇用主を選ぶ理由トップ5には、優れたワークライフバランスや快適な仕事環境といった、健康や幸福全般に密接に関連する要素がランクインしています。

LinkedInによる調査では、職業専門家の半数以上が、所属する会社のワークライフバランスや柔軟性を最も誇りに感じると回答しており、10人のうち7人が、否定的な文化を持つ企業では働かないとしています。

仕事に幸福を感じ、エンゲージメントのある従業員は、ストレスや不安、うつといった健康上の問題で仕事を休む可能性が低いため、ワークライフバランス、柔軟性、肯定的な職場環境の構築といったコンセプトは常習欠勤と直接のつながりがあります。

さらに、従業員と強固で協力的な関係を築くことで、率直に話がしやすくなり、常習欠勤の根本原因の究明に役立ちます。

当社のクライアントに対する提供物の重要な部分を占めるのがケアプログラムです。このプログラムはインハウスサービスの一部であり、従業員にとって本当に重要なものは何か、従業員が直面している問題は何か、そして、結果的に常習欠勤が高水準にあるのはなぜかを特定する取り組みを支援します。インハウスサービスのアプローチのもう一つの重要な要素は、可能な場合、現場であるクライアント企業にコンサルタントを配置することです。これによって職場を直接確認し、従業員をより幸福に、健康に、そして安全にするにはどのような変更が有効かをその場で把握できます。人材の採用や人事機能全体について幅広い視野を持ったチームが、あなたの会社をサポートします。

 

総合的なアプローチ

勤怠不良(常習欠勤)が社内で深刻な問題になり始めたら、解決策を探す必要があります。この問題の効果的な管理は、多くの場合、単一の方法やアプローチでは対応できず、多様な戦術を組み合わせることで、肯定的で恒久的な成果を上げることになります。

労働力の管理とスケジューリングを実行し、いつでも利用可能なスキルと人材を最大限に活用できるようにしておくことが大切ですが、同時に、必要な際には的確で信頼できる人材を採用する態勢が整っていなければなりません。

勤怠不良(常習欠勤)から生じる問題に対して的確かつ迅速に対応すると同時に、従業員に積極的に働きかけて、なぜ問題になってきているのか根本原因を突き止める必要があります。

つまり、総合的なアプローチを採用する必要があるのです。このアプローチでは、スタッフの福祉、エンゲージメントや職務満足度といったテーマだけでなく、労働力のスケジューリングや採用といった人事のコアプロセスにも重点を置く必要があります。

ランスタッドは、労働力のキャパシティ向上に必要となる柔軟性の高い人員の採用から、人材に関する計画立案、スケジューリングおよび訓練を最適化して既存のスタッフがそれぞれのポテンシャルを最大限に発揮できるようにすることまで、勤怠不良(常習欠勤)の管理というミッションのさまざまな段階において企業を支援します。

こういった課題に取り組む顧客企業をランスタッドがどのように支援してきたかについて詳しくお知りになりたい方は、ケーススタディをダウンロードしてください。勤怠不良(常習欠勤)が高水準に達したことにより、納期の遅れや支払いの継続が困難になるほど超過勤務コストが生じてしまったグローバルロジスティクス企業を、当社がどのように支援したかをお読みいただけます。

 

勤怠不良(常習欠勤)についてのケーススタディダウンロードはこちら

ケーススタディ 無駄のない人員配置による、出勤率の向上

 

 

関連コラム