workmonitor_202102

【ワークモニター|労働市場の動向】コロナ流行中とその先に対する労働者の意識とは?

  • ビジネスの持続
  • 働くことの意味
  • 会社・組織
  • 労働市場
記事をシェアする
Facebook Twitter LINE

コロナウィルスの流行は世界の労働力に多大な打撃を与え、何十億もの人々が制限に直面し、世界中の企業が新たに手探りの中で事業を行うことを余儀なくされました。

在宅勤務は新しい常識となり、多くの組織で解雇が続くなど、雇用の安定はこれまで以上に重要になってきています。一方人材としては、変革するデジタル経済に適応していくため、素早くスキルアップすることを学ぶ必要があります。

ランスタッドでは、年に2回、世界34の国と地域で労働者意識に関するグローバル調査「ランスタッド・ワークモニター」を実施しています。今回は2020年10月に調査を行った結果からコロナ流行中、そしてその先について労働者がどのような意識をもっているのか?日本と世界、そして各地域での数値をもとにその一部をハイライトで紹介します。

 

雇用主からのサポートもデジタル化への適応も、日本は低めの数値に

Workmonitor_01

コロナ流行下の中、世界の労働者で多く人(71%)が雇用主に支えられていると感じている一方、日本ではその割合が53%と約2割も低いことが分かりました。これは、アジアパシフィック(75%)と比較しても低い数値となっています。

他方で、世界の労働者の多くは仕事を続けるために譲歩する用意があることも分かりました。雇用を維持することのために、労働者の30%は、求められた場合、社内で別の役割を果たした、または果たすと答えています。

また、デジタル化に適応するために必要な機器やテクノロジーを持っていることについて尋ねたところ、日本は54%とグローバル平均の79%よりもかなり低い数値となり、デジタル化への適応が世界に比べて進んでいないことが見て取れます。

 

コロナの収束後に気になることは?

workmonitor_02

雇用の安定は間違いなく重要なことですが、興味深いことに、この点について労働者が過度に心配していないことが今回の調査から分かりました。コロナが収束した後、自分の職務に望む項目を尋ねたところ、一番多かったのは、給与の保障で約6割となり、雇用の安定は3割強となりました。日本においても同じく給与の保障が一番大きかったですが、雇用の安定については4割を超え、世界の労働者の平均よりも高くなっており、より安定を求める傾向があるように思えます。

 

理想の労働環境は?

workmonitor_03

コロナ流行で最も好まれる働き方の形態としては、1)オフィスでの日数と自宅での日数を含むハイブリッドの作業スケジュールと、2)仕事と私生活をより良く両立させるための柔軟な労働時間の設定となりました。なお、日本については、柔軟な就業時間についてはそこまで高い数値がでておらず、世界の労働者との違いが見える結果となっています。

 

仕事の満足度、転職意欲、実際の転職

ランスタッド・ワークモニター労働意識調査では、仕事の満足度などに対する定期的なパルスチェックも行っています。コロナの流行により2020年の結果に大きな変化がみられると想定していましたが、驚いたことに、現在の仕事への満足度、さまざまな機会を求めている人の割合、過去6か月間に実際に転職した人の割合などに大きな変化は見られませんでした。コロナの流行でさえ、これらの数を大きく動かせていないようです。

workmonitor_graph

 

より詳細な調査結果は、全レポートをこちらよりダウンロードしてご覧ください(英語のみ)

 

今までのワークモニター調査


<ランスタッド・ワークモニター労働意識調査について>
ランスタッド・ワークモニター労働意識調査は、2003年ランスタッドの本社のあるオランダでスタートし、現在は欧州、アジアパシフィック、アメリカ大陸の世界34の国と地域で行われています。ワークモニターは2019年まで年4回実施され、労働市場の動向に関するグローバルトレンドを調査してきました。2020年からは年に2回実施しています。
 
調査では、テーマ別の質問に加え仕事の満足度も調査しており、従業員が今後6か月以内に転職する可能性など、雇用市場における傾向を包括的に理解できます。
 
調査はオンライン上で行われ、18-65歳の週24時間以上の勤務をする労働者を対象にしています(自営業を除く)。最小サンプル数は各市場で800としており、Dynataパネルは、サンプリングの目的で使用しています。
この度の調査は、34の国と地域で2020年10月13日から26日まで行われたものです。

 

 

関連コラム

新規CTA