これからの製造業における採用のスキルギャップを埋めるためには?

  • ビジネスの持続
  • 会社・組織
  • エンプロイヤーブランド
  • やりがいのある仕事
  • 企業が雇用する能力
記事をシェアする
Facebook Twitter LINE

多くの製造業にとって、いま最も重大な懸念事項の1つが人材不足です。優秀で適切な経験を持った人材を確保していくにはどうしたらよいか?今回は、そのヒントをお届けします。

基本目標の達成を目指す製造業は、業界自体が現在抱えているさまざまな最重要課題を克服する準備をする必要があります。前述したように多くの企業が人材不足という問題を抱えていますが、これは業界の「イメージの問題」や社員の高齢化などの要因により悪化の傾向にあります。競争力を維持し、顧客を満足させるための人材の確保が不可欠です。

このような採用のスキルギャップを埋め、必要な人材を見つけるために講じることができる対策についてまとめたガイドをダウンロード出来るようになっています。ぜひ、企業の採用活動にお役立てください。

OpeningInline

 

製造業で採用のスキルギャップを埋めるための主な対策

  • 継続的な人材確保とスキル評価

職務の補充のために適切な候補者の数を維持するには、人材パイプラインの整備が不可欠です。生産サイクル中のさまざまな部署ごとに必要なスキルセットの確保が可能となり、生産への影響を最低限に抑えつつ、簡単に欠員を埋めることができるという効果もあります。

  • 求人内容とインセンティブの見直し

「お金がすべて」ではないものの、 やはり給与は重要です。給与とインセンティブが業界平均と比べて、自社がどの程度かを確認してください。インセンティブの検討では、それらが昨今の労働者にとり、はたして意味があるのかという点を考えてみましょう。

  • 高齢の労働者を上手に活用する

知識と技能と経験の喪失を最小限に抑えるための1つの方法は、定年退職後または定年間近の労働者をアドバイザーとして活用することです。もう1つの選択肢は、職場の人間工学的な側面を高齢者に合うように調節することです。ガイドの中では、実際のBMWの例を挙げています。同社の解決策は、人間工学的に優れた職場を設計し、2~3時間ごとに労働者を回転させることでした。

例えば・・・

 ・体重に合わせた作業靴で関節への負担を軽減する

 ・拡大鏡を使って疲れ目とミスを減らす

 ・筋力トレーニングとストレッチ運動を受け、実践してもらう

などを実践したことにより、1年で生産性が7%上昇し、欠勤率は2%以下に低下しました。

  • 愛社精神(エンゲージメント)と権限委譲(エンパワーメント)

エンゲージメントを改善できる労働環境を整備するには、どうすれば良いのでしょうか。ガイドの中では、「コミュニケーション」「仕事の主導権の強化」「アカウンタビリティ(責任)の創出」「社員が存在意義を感じられるようにする」「いつでも相談に応じ、積極的に関わる」という5つのポイントに触れてご説明しています。

  • 労働者の能力開発と研修

労働者のための優れた新人研修プロセス、養成、能力開発計画を用意することが重要です。仕事に必要な知識と情報を労働者に与え、養成と能力開発に投資することが、労働者の生産性を最大限に引き出すために不可欠です。

  • 分析ツールの活用(Tableau、SPSS、Excelなど)

人材分析ツールは、候補者のスキルセットを確認し、ギャップを特定するために役立ちます。最先端のアナリティクスを利用すると、社員が職務にどの程度熱意を持って取り組んでいるかということさえ確認でき、離職しそうかどうかを示す傾向の特定も潜在的に可能です。

  • ソーシャルメディアと実際に働いている従業員の話を含めた企業ブランディング

優れた人材を集めるには企業のブランディングが重要です。企業のウェブサイトの情報は最新に保ち、SNSには実際に就業している従業員の声を紹介するなど、魅力的かつ会社の人間的な側面を感じられるようにしましょう。

  • 専門家のサポートを受ける

さまざまな方法があるとしても、最も賢明な対策の1つは人材系の会社と手を組むことで、正社員か有期雇用者かを問わず、現在の人員で最高の効率を達成し、良質な人材を雇用するための手助け得ることが可能です。

 

より詳しい内容(ガイド)のダウンロードはこちら(製造業におけるスキルギャップへの取り組み)

 

当社では、経験豊かな有期雇用人材を多数登録し、お客さま企業が求める人材を得られるようお手伝いします。お気軽にお問い合わせください。

 

関連コラム

新規CTA