logo-randstad-holding

 

従業員正当な理由なく常習的に欠勤する状態は、すべての雇用主が対処しなければならない共通の課題です。

急な欠勤で代替従業員を雇わなければならないコストから、欠勤者の代わりに他の従業員が業務を負担する事による生産性の減少まで、さまざまな問題をもたらす場合があります。

このような欠勤が雇用主側にとって大きな問題になるのを防ぐために、雇用主は問題の根本的な原因を理解し、それを管理するための特別な対応を戦略的に行う必要があります。

ランスタッドではこの問題点を調査し、雇用主が常習欠勤に対して、明確かつ慎重な対応を取ることの必要性をまとめた資料を作成しました。

ぜひ、メールから資料をダウンロードしてご覧ください

資料の主な内容:

  • 欠勤ポリシーに含めるべきさまざまなポイント
  • 常習欠勤率の高さがビジネスに与える影響
  • 欠勤を管理するために雇用主側ができること

RSH 2752 Mockup Whitepaper absenteeism in the workplace_ understanding and managing a critical issue