効果的な人材獲得戦略を立てるには?

  • ビジネスの持続
  • 会社・組織
  • エンプロイヤーブランド
  • 企業が雇用する能力
  • 外部人材採用・活用
記事をシェアする
Facebook Twitter LINE

不意の欠員を補充や人材ニーズへの対応に追われるのではなく、最高の人材獲得戦略を備えることによって、人事部門の動きははるかに先見的になり、付加価値も高まります。

目の前の採用や人員補充といった短期的なニーズに追われるのではなく、人事チームが長期的なビジネスプランニングプロセスをしっかり組み込むことにより、全体目標を踏まえてマネジメント層と足並みを揃えることができます。さらに、新しいテクノロジーの導入計画を含め、ビジネス戦略に合致する形で既存人材を割り当てることも可能になります。

こういった意味で、人材獲得戦略はビジネスの成功に欠かせない要素です。組織の将来像のために、今どのようなアクションが必要なのかの指針となります。

 文末より、こうした青写真の作り方だけでなく、人材に関する弱点を診断し、「人材獲得戦略」と重要かつ具体的な「ビジネス成果」とを紐付けるためのガイドをダウンロードいただけます。まずは本ガイドに目を通し、現在の組織でクラス最高の人材獲得戦略を展開する準備を整えましょう。

 

弱点を知る

人材獲得にあたっての負担を取り除くための的確な方法を見つけるには、まずは正しい分析が必要です。より強固な人材獲得戦略が必要であることを示す3つの兆候があります。 

  • 求人サイトでの効果がいまいち
  • 負のエンプロイヤーブランディング
  • ニッチなスキルを持った人材を急募したい新しいイニシアチブ

 ここまでに書いた人材獲得に関する残念な出来事に覚えはありませんか?もしそうなら、その根本原因の一つはビジネス目標と紐付いた包括的人材獲得戦略を立てていないからかも知れません。ガイドの第5章では、これらに対する戦略の立て方をご覧いただけます。

 

PersonalGrowth_UseBackgroundWhite_RGB

 

人材獲得とROIとを紐付ける

最終的なビジネスへのインパクトの点から戦略の枠組みを考えるための5つの視点を以下に説明します。

  1. 規模の調整を含めた柔軟性
  2. 人員補充までの時間短縮
  3. 部門間接費を抑制
  4. カルチャーフィット
  5. 成長志向で採用する

 確かな人材獲得戦略の導入には無数の価値があるのは、言うまでもありません。まずは、人材獲得戦略を作成する時は、ガイドの第3章において取り上げている上記5つのポイントからぜひ始めてください。

 

効果的な人材獲得戦略を立てるためのステップ

人材獲得戦略を展開するにあたり、ビジネス目標が常に目指すべき方向であることを忘れないでください。また戦略思考も必要です。業界内または事業部門に特有の動きや傾向があれば考慮に入れましょう。計画は時間の経過とともに変わり続けることを踏まえ、最初はいくつかの領域に絞りましょう。 

  • 将来から始める
  • ブランドを構築する — 日々の努力
  • テクノロジーとデータを活用する
  • 継続的に技を磨く

ガイド内では、上記の5つのステップについてより詳しくご説明しています。ステップに従い、進めてみてください。効果的な人材獲得戦略に向かって着実に前進できます。

 

 

人材サービスパートナーの力

目先が利く雇用主はスキルのある人材を確保し、ひいては競争力を獲得するための戦略的パートナーシップへと動いています。では誰と手を組んだらよいか?ベンダー評価を始める前に、まずは、次に挙げる4種類の人材紹介会社の違いを知ることが大切です。 

  • 人材派遣会社
  • 総合人材サービス会社
  • 専門・ニッチ・特化型紹介会社
  • エグゼクティブサーチ会社

 4つの違いを知った上で、どのパートナーと手を組むべきか、ということですが、いずれの会社も、最終的にはこちらのビジネスニーズに照らし合わせたときに長所と短所があります。それを踏まえた上で、手を組む人材サービスパートナーは主に次の4つのポイントをクリアしていることが条件になります。 

  1. 人材獲得戦略上のニーズをしっかり理解している
  2. 従業員エンゲージメントについてクラス最高のアプローチがある
  3. 従業員の定着に関する専門知識を持っている
  4. 最新、高性能の人材管理ツールを持っている 

前述の4つのポイントに注目すれば、正しいパートナー選びを円滑に進められるはずです。

 もちろん、現在就業している人材に追加作業を任せた方が簡単だと、短期的には見えるかもしれません。そして本当に必要なスキルのある人材を見つけるのは手強い作業だと思うかもしれません。 しかしながら、既存のチームに追加作業の負担を負わせることはストレスを増やす原因になり、燃え尽きて退職へと至るケースは少なくありません。むしろコストがかさむ道筋です。

 

幸いなことに優秀な新規メンバーを獲得することは、想像するほど難しくありません。労働市況に関する詳しい情報と画期的テクノロジーソリューションを持ち合わせ、条件を満たした多数の人材と人脈を築いている人材紹介会社と手を組めば、クラス最高の人材構築に向けて道を前進できます。



以下より、本コラムをより詳しくまとめたガイドをダウンロードいただけます。

「効果的な人材獲得戦略を立てるには?」はこちら

 

<出典>
本コラム及びガイドは、ランスタッドのオリジナルガイド(英語版/English Ver.)「how to build
an effective talent acquisition strategy.」に加筆・修正した内容となります。
 
 
 

関連コラム

新規CTA