有期労働者との関わり方において考慮すべき3つのポイント

  • ビジネスの持続
  • 会社・組織
  • エンプロイヤーブランド
  • 企業が雇用する能力
記事をシェアする
Facebook Twitter LINE

世界の労働市場において、複雑さは増す一方です。とりわけ今回のコロナ禍において、企業の労働力も変化に見舞われる傾向にあります。

具体的には、企業を成功に導く戦略的手段として、フレキシブルな人材を活用することがますます重要となりつつあります。有期契約の人材雇用には数多くのメリットがありますが、雇用者もしくは受け入れる側として彼らにどう関わっていくかについては、いくつか考慮すべき点があります。

 

考慮すべき3つのポイントとは?

  1. 企業内の人材コミュニティを活性化する
  2. 雇用主としてのブランドを重視する
  3. 長期にわたる関係を維持する

ランスタッドでは、これら有期雇用スタッフへの働きかけに役立つと思われる、3つの考慮すべきポイントについてまとめたワンページャー(1ページにまとめた資料)をご用意しました。ぜひ、ダウンロードの上、ご活用ください。

 

資料(ワンページャー)のダウンロードはこちら(有期労働者の雇用にあたって考慮すべき3つのポイント)

 

当社では、経験豊かな有期雇用人材を多数登録し、お客さま企業が求める人材を得られるようお手伝いします。お気軽にお問い合わせください。

 

 

関連コラム

新規CTA